« 松尾大社とおせち(1月1日) | トップページ | きもとのもと摺り(1月15日) »

年末年始は家族で暖気入れ、暖気抜き

年末から、蔵人さんは帰られたましたが、酒母(もと)の世話は毎日しなくてはなりません。

まず暖気入れ。暖気は大きな湯たんぽみたいなものです。

釜の湯は仕込み中でないので、給湯器から湯を写真の暖気に入れます。

P1100359 

蔵2階へ吊ります。

P1100363 P1100365

もとに暖気を入れ。何回か暖気を回します。

P1100366 P1100367

P1100372

抜くのは湯の水をホースで水面の高低差を利用して抜きます。

P1100374

朝入れて夕方抜く、この操作を、もとが速醸2本と山廃1本計3本暖気を毎日入れました。

1月5日の酒母です。

山廃2号。

乳酸菌が増殖してます。これから酵母が出てきます。

P1100381

速醸3号。

おとなしい様に見えますが、こちらは泡なし酵母(泡がないのではなく少ない)で、これが一番進んでます。

P1100382

速醸4号。

泡はピークです。

P1100383

こちらは2日に滋賀に墓参りに行った時の家族写真です。

P1100368

昨日6日から蔵人さん達は戻ってきました。

今日は今年初めての蒸しでした。

これから本格的に仕込みに入ります。 

|

« 松尾大社とおせち(1月1日) | トップページ | きもとのもと摺り(1月15日) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192317/53677790

この記事へのトラックバック一覧です: 年末年始は家族で暖気入れ、暖気抜き:

« 松尾大社とおせち(1月1日) | トップページ | きもとのもと摺り(1月15日) »