« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

中さん 訃報続き

昨夜は中さんのお通夜でした。中さんの顔は穏やかでした。

愛農学園、伊賀有機農産の関係の方を始め、沢山の方が弔問に来られていました。

中さんの生前の人徳が偲ばれます。

来年の米作りもこれから考えなくてはいけません。その前に、中さんの最後のお米を大事にお酒にしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

訃報

本日(28日)、森喜にとって、とても大切な方を失いました。 中謙一さん(参照)、52年の短い人生でした。彼は15年前から無農薬酒米に一緒に取り組み、ご指導いただきました。決して、「私は無農薬野菜、無農薬米」を造ってますとは言わないで、人には優しく明るく、自分に厳しい人でした。

何も言わないで、自分の作った無農薬の作物の強さ、素晴らしさを理解してくれる人を現れるのが本当に嬉しかったのだと思います。

私自身にとっては数パーセントも彼の言ったことを実現できてないことを情けないことを今更ながら思います。いつも言われるのは「田圃に入れ」でした。

最後まで、今の農業を憂い、特に家の酒米には心配いただきました。

12月にお見舞いに行った時にも、常に未来に前向きに田圃のことを話してくれました。少しは自分の体を心配せーよって言ったんですけど。こんなに早く別れが来るとは思いませんでした。まだまだ話したかったのに。

ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山卸(きもとのもと摺り)

19日深夜、正確には20日零時過ぎから20日朝にかけてきもとのもと摺りでした。

もと立て(仕込み)の様子

P1050599s P1050600s

P1050601s P1050602s

ちなみに写真は理恵ちゃんと長男です。

10数時間後、もと摺りを始めました。ゲストは名古屋、鈴鹿、大阪から6名様に来て戴きましたm(_ _)m

P1050607s P1050608s

一番櫂後

P1050614s

2番櫂後 立花酒店の大野さんとマッチ売りのおっさん

P1050639s

鈴鹿市の焼き鳥屋夫婦

P1050640s

次男

P1050649s P1050646s

3番櫂の様子

P1050656s

もと摺りご協力ありがとうございました。

P1050657s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山廃

昨日は今年になって二本目の留仕込みと山廃のもと仕込みでした。

山廃はきもとと違い、もと摺り(山卸し)はしません。山卸しをしないので山卸廃止もと略して山廃と言います。

でも山廃はその代わりに強力な櫂入れをします。

一番櫂を入れて、時間が経って二番櫂の前

P1050590s

二番櫂の後

P1050592s

櫂入れは結構大変ですが、糖化を促進する麹の力には改めて驚きます。

必要に応じて三番櫂まで行います。

これはきもとのもと摺りのやり方に似ています。

11日、理恵ちゃんのお友達からとちおとめを送っていただきました。

P1050569s P1050575s

美味しーい(*^_^*)

13日ジョンです。気持ち良さそうです。でもすぐに腹を見せてしまいます。

P1050578s P1050579s

15日盛岡から芳本様ご一行が来られました。

P1050584s

あきつちゃんのお友達から来た壷型のバームクーヘン

P1050587s

これまた美味でした。

明日はきもとのもと摺りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

19BY 再スタート

昨日米洗いをして、今日久しぶりの蒸し。もと麹(酒母用)と添麹。

P1050563s

麹室(むろ)で、もやし(麹のもと。黄麹。)を振っているるみ子さん。

P1050565s

理恵ちゃん、前田君が一昨日、あきつちゃん、雄○郎君も今日蔵入りして、これから2月末まで仕込み頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暖気(だき)

もと(酒母)3号の暖気を入れている様子です。

P1050552s

大分湧いて来てますが、まだまだ泡は上がり(増え)ます。真ん中の銀色の金属が暖気(だき)。

上部しか見えてませんが、酒母の中に筒と言うかタンクの部分があり、中に湯を入れ酒母を湯たんぽみたいに暖めるのです。

一般的に、1日に2度上げ1度下げるまたは3度上げ2度下げる様に持って行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滋賀へ・蔵

今日は森喜と私の実家の墓参りでした。

私の実家は滋賀県豊郷町。伊賀は快晴でしたが、実家に近づくにつれ雲行きが...

雪でした。写真はお墓のある寺(正覚寺)の門の前

P1050539s P1050538s

夕方家に帰り暖気(だき)を抜いて、もと(酒母)3号

P1050544s

湧いて来ました(湧きつけと言います。)

松尾様をお奉りしている蔵の二階

P1050546s

ひっそり閑と、蔵が動き出すの待っているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらに元旦の出来事

松尾さんから午前3時帰って、9時頃から酒母のお世話をした後、

おせち

P1050529s

あ○つちゃんと坐唯杏さんプレゼンツですm(_ _)m

美味しーい。

こたつから投げ出してるジョン(猫)のぐうたらな足。

P1050531s

近くの敢国神社へ初詣

P1050533s

さらに伊賀上野中心部の菅原神社(天神さん)へ初詣

P1050536s P1050534s

こんな提灯飾ってもらってます。

P1050535s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都・松尾大社へ初詣

大晦日20時半頃出発して、京都の松尾大社へ家族で初詣に行きました。もう20年程毎年の恒例行事です。

拝殿に飾られた大きな絵馬。11時前人もまだ少なめです。

P1050508s

本殿

P1050509s

新春祈祷の受付を済ませ、11時半頃、大分人が増えてきました。

P1050516s P1050517s

年女のるみ子さん

P1050514s

さすがに松尾さんは門松や飾りも酒樽を利用。

P1050518s P1050520s

飾り樽

P1050519s

会館内のミニ飾り樽。知り合いのお蔵さんも

P1050510s P1050511s

祈祷を待つ部屋。

P1050521s P1050522s

待つ家族。

P1050525s

この後0時になり年が変わり、本殿へ祈祷へ。毎年のことながら清々しい気持ちになります。

でも寒ーい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

P1050499s

今年もどうぞよろしくお願いします。

今年が皆様にとって良い年であることお祈り申し上げます。

元旦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »