« 純米酒 るみ子の酒 | トップページ | 蔵開きは4月1日です »

究極の選択? (^_^;)

醪は生き物なので、それぞれ経過が異なり、それぞれに搾るタイミングが違います。

例えば、特別純米酒でアルコール17度、日本酒度+5~6を目標にしていたとしても、同じ日に到達する場合があります。

槽(ふね、搾る機械)は通常の1トンぐらいの仕込も醪だと、どうしても2日かかるので、どれを搾るかを選ばなくてはなりません。

2つの醪ならまだ良いのですが、3つ重なる場合も(>_<)

そんな場合(それでなくとも)最終的に醪の味を利くしかありません。データは大事ですが、最終的には官能で判断することだと思います。

そんな場合、当然、搾らないと判断した醪はできるだけ進まさないように温度をさらに下げます。

搾りもあと6つの醪を残すところまで来ました。吟醸系はすべて搾り終え、明日は特別純米英(はなぶさ、無農薬山田錦60%精米)を搾ることになると思います。

P1010944

|

« 純米酒 るみ子の酒 | トップページ | 蔵開きは4月1日です »

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192317/14260691

この記事へのトラックバック一覧です: 究極の選択? (^_^;):

« 純米酒 るみ子の酒 | トップページ | 蔵開きは4月1日です »